新名称ー実績あるスピンドル技術

KEBAブランドへの統合

KEBAブランドに統合されたことで、スピンドル事業と旧Heinz Fiege社がKEBAグループに明確に所属することになりました。スピンドル事業は、KEBAグループにおける産業オートメーションの戦略的・経済的に重要な要素であり、そのソリューションポートフォリオはこれで完成したと言えます。

いつものように、Fiegeのスピンドルテクノロジーのパフォーマンスとダイナミクス、そしてシリーズビジネスや特殊な機械工学のための高品質なスピンドルサプライヤーとしての方向性を享受することができます。

新社名

新社名

最新のe-mailアドレス

最新のe-mailアドレス

最新のウェブサイト

最新のウェブサイト

担当者へコンタクトする

担当者へコンタクトする

Integration | Fiege becomes KEBA

Heinz Fiegeの新たなるブランド化

Heinz Fiege社は、2022年1月1日にKEBA Spindle Technology社に社名変更し、今後はKEBAブランドで運営していきます。所在地のRöllbach/Bavariaはそのままで、これまで通りの住所と電話番号でご連絡いただけます。また、VAT ID、商業登記番号、銀行情報にも変更はありません。さらに、Heinz Fiege社とのすべての契約は引き続き有効です。すべての重要なデータとブランド変更による変更点をまとめたデータシートをダウンロードすることができます。

新製品・新サービスのページ

これまでのHeinz Fiege GmbHのウェブサイトは、KEBA Industrial Automationのウェブサイトの新製品やサービスのページに統合されました。ぜひご覧ください。

設立と歴史

60年前に Heinz Fiege and Georg Seitz がSulzbach am Mainに設立した会社で、当初は機械式の測定・検査ツールやゲージを製造していました。1960年代末には、機械式スピンドルの製造を開始しました。1985年、スペース不足のためKleinwallstadtに移転し、2007年からは Bavaria地方の Röllbachでスピンドルの設計・製造・販売を行っています。

2009年から、この家族経営の会社はLTiグループに属していましたが、2013年にHamburgを拠点とするKörber AG社に引き継がれました。Heinz Fiege 社は、2018年末からKEBAグループの一員となりました。Heinz Fiege社は、そのノウハウと長年の経験から、スピンドルとドレッシング技術のスペシャリストとみなされており、また、お客様のスピンドルアプリケーションのためのコンサルティングとサービスを提供しています。現在、Röllbachの拠点では37名が勤務しています。

Please select your preferred language
Your browser is out of date
Internet Explorer is no longer supported. Please switch to a current browser to use keba.com to its fullest extent.

Edge

Chrome

Safari

Firefox

KEBA - Automation by innovation.